月給制だと貯蓄がしやすいのですが、日払いや週払いだと難しいものです。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

日当の場合

中には日当で収入を得ている人もいると思います。
時間給でも毎月決まった日に支給される、時給月給であればお金を貯める、といったこともしやすい環境です。
ですが日当でその日のうちに受け取る場合があります。
日払い、と呼ばれている収入の形です。
この場合はお金を貯めるのが難しいことがあります。
なぜなら、一か月間、日当を使わずにおいて、一か月後に生活費や貯蓄に回すお金を算段することが出来ないからです。
多くの人はそのまま生活費にあてたり、次の勤務に必要な交通費などに使ってしまうケースが多いのです。
これは日当に限らず、週払いでも同じことが言えると思います。
その日その日、その週その週を過ごすことを最優先にしてしまい、お金を貯めるところまでは手が回らないのが現状だと思います。
では日当や週払いで収入を得ている人はどうすればお金を貯蓄に回すことが出来るようになるのでしょうか。
これにはコツがあります。
まず、日当でも週払いでも、端数がないことは少ないのです。
例えば七千五百六十円という日当を支給されたとしましょう。
七千円を生活費に回し、残りの五百六十円を貯蓄に回します。
やがて一か月を過ぎた頃には、端数のお金もまとまった金額になると思います。

PickUp

Copyright (C)2017貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.