硬貨よりお札のほうが作られる蓋然性があるので、多くの工夫がされています。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

偽札や偽硬貨の発行を防ぐ工夫

一昔、偽札や偽硬貨が発行される事件が報道されていました。
手口も巧妙で、紙幣と同じ大きさに切ることができる機械を使って作製したり、プリンターで印刷したりするというものです。
偽のお金を作ることがいけないことだとするのは、それが出回ることによって通貨の価値が下がったり、国家の経済に悪影響を与えたりするからです。
偽のお金を作れば無期懲役も含む重い罰に処せられることがあります。
ただ、偽硬貨の場合、偽札と比べて価値が低く作り出すのに費用がかかることから割に合わないとして、作られることは少ないです。
だいぶ前に新500円硬貨が発行されましたが、これにはある工夫が施されています。
零の部分を見ると文字が書かれていることが分かります。
文字が書かれているのは偽硬貨が作られるのを防止するためです。
しかし、お札のほうが作られる蓋然性があるので、多くの工夫がされています。
例えば、紙幣にホログラムが貼られてあったり、見る角度によって浮かび上がる文字が違ったり、インクが少し凸凹になっていたりする工夫が施されています。
印刷に使うインクにさえ凝った工夫が施されているので、偽札を作ることはもはや不可能な状態になります。
最近、ニュースや新聞でその事件が聞かれないのもそのためでしょう。

Copyright (C)2017貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.