日本で発行された硬貨で最も古いとされているのは現段階で富本銭です。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

日本で最も古い硬貨

私たちが毎日生活していく上で、お札や硬貨は大切なものです。
また食べ物や飲み物などの生活必需品や趣味のものを購入するときにお金を使います。
このことから、もはや私たちの生活の一部になっていると言っても過言ではありません。
これは昔の時代も同じことで、太古では貝殻をお金として使用していた時期がありましたが、お金の質や価値は変わることがあっても、必要なものであるということには変わりがないものです。
日本で発行された硬貨で最も古いとされるものは現段階で富本銭です。
発見されたのは1999年の1月なので、それ以前に日本史を学校の授業で習った人たちは和同開珎が最古の硬貨であると学んだはずです。
和同開珎の場合、当時は通貨単位がなかったものの、当時の都にある市場で買い物をする際に使われていましたが、富本銭の場合はどのようにして使われていたのでしょう。
これについて学者によって意見が分かれていて、和同開珎と同じように市場で使われていたという意見があれば、そうではなく運勢を占うために使われていたという意見もあります。
つまり当時の使用方法は未だに分かっていないということになります。
今の時点で最も古いとされているので、それより古いものも発掘されるかもしれませんし、それによって富本銭の使い道について分かるかもしれません。

Copyright (C)2017貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.