日本のお金で、今は使用できませんが、江戸時代から戦後の長きにわたってお金としての役割を持っていた硬貨が存在します。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

近世から戦後まで使用できた硬貨

日本で発行しているお札は1万円札、5千円札、1千円札で、硬貨は500円玉、100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉です。
2000円札が発行された時期もありました。
現代において日本で発行されているお札や硬貨は種類が様々で、マイナーチェンジがなされているものもあります。
今、発行されていないものでも使える種類もあります。
例えば、かつて発行されていた500円札や100円札は現在でもお札としての役割を果たしています。
もっとも、これらは希少価値が付いている場合もあるので、使わずにコレクションとして保管する人のほうが圧倒的に多いです。
ところで、今では使用できませんが、江戸時代から戦後の長きにわたってお金としての役割を持っていた硬貨が存在しています。
それは寛永通宝です。
ご存知の方も多いですが、このお金は江戸時代に普及していたものであり、価格がさほど高くない品物を買うときによく使われていました。
たくさん必要な時には寛永通宝を紐に通して一つのかたまりとして使っていました。
明治になって円を中心とした単位になってからも引き続き使用されました。
なお、この硬貨1枚は厘という単位で使われていました。
1950年代初頭にお金に関する法律が作られるまでは法律上は使うことができることとなっていたのです。
現在では使用できないのでコレクションの足しぐらいにしか使い道がありませんが、中には1枚あたり数百円の価値がするものもあるのでなかなか侮れないです。

Copyright (C)2017貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.