定価で購入するのではなくて、割安なお店で購入することを習慣にするべきです。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

割安なお店で買う

一定の収入がある人でもお金をきちんと貯めていくのは楽なことではありません。
貯め方にはコツがあるのでそれを知っておく必要があります。
まず基本的な事実として、商品の値段が一定ではないことを知っておくべきです。
まったく同じ商品がお店ごとに異なる値段で扱われているのです。
割高な値段を付けているお店もあります。
家からその店が近いという理由でそのお店で購入する人もいるでしょう。
帰社後に買い物が出来るお店がそこしかないというケースもあるでしょう。
しかしお金を貯めようと思うならば割高なお店で買うことはなるべく避ける必要があります。
ではどうしたらいいのでしょうか。
まずは商品の値段が割高であることを意識するべきです。
それを自覚することができたら一歩前進です。
定価で売られていることが多いコンビニを使う人も多いでしょう。
しかし、スーパーに行けばまったく同じブランドの同じ商品が割引価格で売られているのです。
それでちょっとの手間を惜しまずに、より安い価格で取り扱っているお店まで足を延ばすべきです。
飲み物を買いたいのであれば、飲みたくなった時にコンビニで買うのではなくて、事前に割安なスーパーで購入して手元に置いておくことも出来るでしょう。

Copyright (C)2017貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.