最初から大きな金額を貯蓄にするのではなく、小さな金額から試してみよう。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

小さな金額から

貯蓄が苦手な人には、無理のない金額から始める方が良いのではないか、と考えます。
なぜかというと、お金を貯めることが「苦痛」になっては続けることが難しいからです。
たとえ小さなお金でも、貯蓄することが「楽しい」と思えるようになると、やがて貯蓄に回す金額が増えていくことも可能です。
最初は小さな金額として、毎月千円や二千円から始めてみましょう。
楽しくなってきたり、生活に支障がないようであれば少しずつ金額を増やしていくようにします。
そして貯蓄に回したお金を当てにしないことが大切です。
「いざとなったら貯蓄から生活費に回そう」などと考えないことです。
貯蓄しては引き出す、といったことを繰り返していると、いつまでたっても貯蓄額は増えることがなく、お金を貯めることの「楽しさ」を知ることが出来ないからです。
貯蓄額を頭の中から消してしまうのはなかなか難しいものですが、その為にも貯蓄用の銀行口座を別にする必要があるのです。
それも出来れば出し入れに不便な銀行やATMのところにするなど、自分の性格と見合わせてみるのも良いかもしれません。
中には実際に始めてみないと分からないことや、気づかないことがありますので、自分に合った方法を探すこともお金を貯めるポイントの一つです。

PickUp

Copyright (C)2017貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.