頑張って節約しているのに、どうしてもお金が必要になった時は、裏技を使ってでも乗り切ることが大切です。又、日頃から収入があった時には、非常出費用として少しでもお金を取り分け

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

払えない!どうしよう…そんな時の裏技

どんなに節約に頑張っていても、お金が必要になる時が必ずあります。
冠婚葬祭でケチるわけにはいかないですし、家族が病気にでもなったら医療費は馬鹿になりません。
どうしても買わなければならないものも出てきますし、家電が壊れることだってあります。
学校に通う子供がいたら、突然支払いが発生することもあるでしょう。
そんな時の支払いをする為には、どうしたらいいのでしょう。
友達や知人に借金等したくありませんし、身内にだって簡単にお金を貸してくれる人なんていません。
途方に暮れてしまいますよね。
昔なら質屋さんに行って着物などを預けるのでしょうが、今はそういう質草になるような物も見つかりません。
経験から得た裏技をお教えしましょう。
この際、人に対して見栄を張ることはやめ、自分のできることを考えてみるのが一番です。
知人にご不幸があったのなら、お香典ではなく電報にします。
そんなに費用をかけなくても心のこもったメッセージは送れるものです。
結婚式に招待されたら残念ですが出席は辞退し、お祝いは手作りの物を考えてみましょう。
一目晴れ姿を見たいと思うでしょうが、親しい方なら後で必ず写真やビデオを見せて下さいます。
家電が壊れたら、リサイクルショップを行脚してみましょう。
自分のニーズに合った安くていいものを見つけるのも、結構楽しいものです。
でも、学校の費用だけは仕方ないですね。
子供に惨めな思いをさせられませんから、何とかしなくては。
他への支払いをチェックしてみて遅らせることのできるものを探してみましょう。
背に腹は替えられないとはこのことですね。
そんな思いをしない為にも収入があった時に少しだけでも取り分けることを習慣にし、非常支出の為に備えておくことが大切です。

Copyright (C)2017貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.