貯蓄が得意な人と苦手な人がいます。その違いはどこからくるのか考えてみました。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

正規雇用でもアルバイトやパートの期間雇用に関係なく、貯蓄が得意な人と苦手な人がいます。
月給であっても時給であっても、貯蓄が出来る人と出来ない人には関係がないようです。
貯蓄が得意な人は、時給収入や日当での収入でも上手に蓄えていくことが出来るようです。
貯蓄が苦手な人は、毎月決まった収入があっても、また賞与や臨時収入があっても貯蓄出来ない人は常にお金に困っていることが多いように思います。
これは小さい頃からの生活環境などからくるものと、本人の性質からくるものとに分かれているように思います。
生活環境からくる場合は、親から貯蓄の方法やお金の重要性を教えられていないケースが多いのではないでしょうか。
お金に困っていてもなんとか生活が成り立っている家庭で育った子供は、貯蓄という概念を持つことが少ないように思います。
ですが中にはこのような生活を逆手本として、お金の大切さを痛烈に感じて育つ子供もいます。
お金の大切さを感じることが出来れば、少しの金額でも貯蓄をするという意識に繋がるように思います。
将来の自分の生活を安定させるためには、貯蓄は大切な習慣になりますので、貯蓄が苦手な人でも始められる方法を考えたいと思います。

Copyright (C)2016貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.